トリミングについて

トータルドッグサロンR 自由が丘店のトリミングの特徴

  • HOME
  • トリミングで大切にしていること by ドッグサロン「R」自由が丘店

ドッグサロン「R」が大切にしていること

シニアでも安心な「R」のトリミング

シニアのワンちゃんはトリミングをお断りされるケースも少なくありません。
カットの時間、体に負担がかかってしまうこともあり、万が一のことを考えてお断りとなります。
ですが、ドッグサロン「R」自由が丘店ではシニアのワンちゃんもお断りすることなく、
安心してカットを受けていただけるように工夫をしています。
トリミングできれいに可愛くすることはもちろん、健康面に最新の注意を払い、優しく丁寧なトリミングを行います。
毎回、必ずトリマーが皮膚・身体の状態をチェックします。
トリミングの際にもし異変があればその場で即中断し、適切な対応を行います。
高齢のワンちゃんや持病のあるワンちゃんに適切に接しますので、お客様にも安心して頂けています。
高齢のワンちゃんや、病気をお持ちのワンちゃんも安心してカットにお連れ下さい。

ワンちゃん第一主義

上記でもお伝えしたように、ドッグサロン「R」自由が丘店では必ずカット前にカウンセリングし、
実際に皮膚や身体に触ってチェックを行います。
また、カット前にお客様からワンちゃんの状態をヒアリングすることも徹底しております。
カットで可愛く、過ごしやすい姿にすることは大切ですが、何よりもワンちゃんの体調を優先したトリミングを行います。
また、個々の皮膚の状態に合わせて、その子に合ったシャンプー剤をご提案させていただいております。
健康状態で気になる点は、お気軽にご相談ください。

トリミングの流れ

カウンセリング

ドッグサロン「R」自由が丘店では、ワンちゃんごとに必ずトリミング前にカウンセリングを行っています。
その時の体調や持病、ワンちゃんの年齢から考えられるリスクについて、必ず確認を行います。
通常シニアのワンちゃんは初回お断りの場合が多いですが、当店では年齢でお断りすることはありません。
もちろん、絶対に無理はさせたくないのでワンちゃんの体調を最優先で考えます。
体調不良など、何かしらの兆候が見られた場合はお断りし、後日お願いする場合もございます。

体調チェック

ドッグサロン「R」自由が丘店では、カウンセリング後にワンちゃんの爪切りやブラッシングなどを行い、実際にワンちゃんの身体に触れて、カウンセリングと相違がないか、体調のチェックをしっかり行います。
万が一ここで体調の変化が起こる可能性もございますので、実際にワンちゃんに触れて確認するようにしております。

シャンプー

匂いが気になったり、乾燥に弱かったり、わんちゃんによって体質は様々です。
乾燥が気になるワンちゃんにはパックを。匂いが気になる子にはバブルコースを提案しています。
ドッグサロン「R」自由が丘店では、お預かりしたワンちゃんの体質に合わせてシャンプーを変えることができますので、
お肌や毛質のお悩みにも柔軟に対応できます。

ブロー

シャンプーで濡れた身体を隅々まで丁寧にブローしていきます。
毛に隠れて見えなかった部分に気付くこともありますので、カウンセリングで問題がないからと気を抜かず
体調チェックの意味も込めてしっかりブローします。

カット

カットするときは基本ワンちゃんに立ってもらうことが多いのですが、シニアのワンちゃんや、
体調の悪いワンちゃんには身体への負担が大変なので無理させないように休憩を挟みながらカットします。
あくまでもワンちゃんの体調が最優先。
ワンちゃん至上主義でカットを行います。

インスタグラム用写真撮影

当店のインスタグラムにカット後のワンちゃんの写真をアップします。
かわいく装飾した撮影用の背景の前でかわいい写真を撮影します。